虹色ビュ−ティセラピーKUMIKOプロフィール
トラベルダイアリー
セミナーイベント
スクール
フォト

☆オーラソーマレベル1  2014年9月開催
   詳細 >>

女性として幸せに生きる〜日本女性の感性と刷り込み
こんにちは。KUMIKOです☆

今回は日本人の思う女性性の役割モデルについて、お伝えしようかなと
思います。

2002年から日本にて、その後イギリスでも、女性の為のセミナーや講座を開催しています。
その経験から、今回は海外から見た日本の女性をとりまく環境と、求められている事について、感じた事を書いてみますね。

男女の恋愛観や、パートナーとして求められる事、日本では当たり前だと言われる様々な事柄が、他の国では”えっ!!”と思われる事が多々あります。

ロンドンでは、世界の様々な文化、宗教の異なる人々が暮らしています。
なので、”あたりまえ”がまったく通用しません!(笑)
初めから、その人としてどうなのか、その考えに賛同出来るのかを考える事になります。

そのため、多くの人が”ありのまま”または”わがまま”(笑)に暮らしやすいのでしょう。
(恋愛に関してはそれぞれの主観がより入るので、さらに複雑になります(笑)

スタンダードが存在しないので、どんなに個性的な人ものびのびしています。


日本人は感受性が強く、相手の考えを推し量ったり、同じ意見を求められる事も多いのでしょう。
それは日本人の素敵なところでもあります。

最近はインターネットで瞬時に様々なニュースや情報が手に入ります。
そのため、今までの日本の常識が世界の非常識!だったり、世界の常識が日本の非常識だった! 事も気づきやすくなっています。

今ニュースで取り上げられている、東京都議会での女性への発言も、そのような日本の中にある古い”あたりまえ”の感覚から来たのでしょう。

その△愨海〜


オーラソーマレベル1 2014年9月〜ありのままに生きるには?
コメント
コメントする









▲PAGE TOP
▲PureNotesのTOPへ戻る